遅くまで診療可能な歯医者を探す方法

定期的な検診が必要

早期発見と早期治療を心がける

小さな虫歯は症状がなく、自分で気づくのが難しいです。
痛みを感じるようになったら、すでに悪化しているかもしれないと覚えておきましょう。
その頃に歯医者に行くと、痛みが大きい治療になってしまいます。
歯医者での治療に苦手意識や恐怖心を抱いている人は、初期症状のうちに虫歯を治療するよう意識してください。

そのためには、定期検診に行きましょう。
もちろん夜に検診を受けることができるので、仕事が終わった後に訪れてください。
検診だけなら、30分ほどで済みます。
医師ならどんなに小さな虫歯でも見逃さず、発見したら治療してくれるので安心ですね。
口内環境の清潔な状態を維持するために、定期検診は欠かせません。
3か月に1回のペースで、利用しましょう。

病気の予防に繋がる

定期検診の時に、歯のクリーニングを受けられます。
専用の機器を使い、歯にこびりついた歯垢や歯石を取ってもらいましょう。
きちんと歯を磨いているつもりでも、磨き残しがあって歯垢や歯石が溜まっているかもしれません。
それが虫歯や歯周病の原因になるので、こまめに除去してもらってください。

最後に、フッ素を塗ってもらいましょう。
歯磨き粉やマウスウォッシュにも含まれているので、聞きなじみがある成分だと思います。
フッ素を歯にコーティングすることで、歯に汚れが付着することを防げます。
また口内の汚れが多い時は、うまく歯磨きができていない可能性が高いです。
ずっとそのままでは病気のリスクが高まるので、正しい歯磨きを教わりましょう。


この記事をシェアする